キャッシングって?

キャッシングローンの基礎知識

キャッシングって?

キャッシングとは具体的にどういったものか、ご存知でしょうか。
「キャッシュは現金を意味する言葉で、現在進行形だから、、現金を動かす、引き出すこと?」
ほとんど正解ですが、重要なのは自分の口座からお金を動かすのではなく、金融機関から現金を引き出すという点です。
お金を貸してくれる機関から融資を受けるサービスのなかで、キャッシングは小口の融資を受けるサービスです。
融資を受けるまでの流れとしては、まず電話やインターネット、店頭などで申込みを行います。
そして次に審査。
この審査で融資を受けられるか、受けられないかが決まります。
その人の年収や、勤務形態、勤続年数、過去の借入状況などを、信用機関やご自身の解答をもとに審査にかけます。
ここを通過した人にだけ、キャッシングのカードが発行されます。
そのカードで、キャッシングのATMから現金を引き出すことができます。

最近ではスマートフォンなどからも融資を申込むことができ、スムーズに自身の口座へ振り込み依頼することも可能です。
自ら足を運ばずに融資を受けられるこの手法は振込キャッシングと呼ばれます。
借金という言葉が一般的なためか、キャッシングという言葉の意味をきちんと理解されている方は少ないようですね。

借金と聞くとなぜかダークなイメージがそこには漂うのは事実です。
しかしキャッシングというサービスは、融資額も低く、使用用途は借金から連想させるような切羽詰まったものではありません。
「給料日まで待てないから少しだけ」といった感覚です。
この積み重ねが借金地獄になるのは否めませんが、それを言えばこの世に借金をしたことの無い人なんて、社会人になればいないはずです。
借りる際に、返済の目途が立っている小口の融資なら、便利なサービスと言えると思います。

キャッシングというのは、その人の身の丈にあった融資限度額が設定されているもので、返せる返せないのギリギリのところで融資を行い、高金利でその人のお金をとことんむしりとるといったものでありません。
銀行以外でも、きちんとした借金のカタチというものは、今の世の中たくさんあるのです。
→消費者金融系のローンについてはこちら!